【死亡事故】桃田賢斗選手が事故で顔面強打し重症!顔面画像有り

トレンド
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バドミントン世界ランク1位の桃田賢斗選手が、試合のために訪れていたマレーシアの高速道路で事故に遭い、運転手は死亡、桃田賢斗選手も顔面を強打し、鼻の骨を折る重症を負ったと地元警察が発表した。

事故現場の画像      出典:fnn.jp

スポンサーリンク

事故詳細

地元メディアによると、桃田選手は12日にマレーシアで行われたマスターズ大会で優勝した翌日の13日早朝、帰国のためクアラルンプール国際空港に向かっている途中、桃田選手やトレーナーなどが乗ったバンが高速道路上で前の車に追突した。
この事故で、車を運転していたマレーシア人ドライバーが死亡し、桃田選手や日本ユニシスの女子バンドミントンチーム監督の平山優さんら日本人3人と、イギリス人選手の4人が病院に運ばれ、手当を受けている。
※追記:鼻の骨が折れたという報道は誤報だということがわかりました。

朝日新聞デジタルのニュースによると、

バドミントン桃田賢斗選手が訪問先のマレーシアで13日午前4時40分(日本時間同5時50分)、交通事故に巻き込まれ、鼻の骨が折れ、唇を切るけがをした。地元警察が発表した。

桃田選手は男子シングルスで世界ランキング1位。前日12日にクアラルンプールで開催されたマレーシアマスターズで優勝したばかりだった。事故は、クアラルンプールと近郊の都市プトラジャヤを結ぶ高速道路で起きた。桃田選手が乗っていた車が、その前方を走っていたトラックに衝突したと見られる。

同国の青年スポーツ省によると、桃田選手が乗っていた車の運転手が死亡したほか、4人が負傷したという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

みんなの反応

【閲覧注意】事故直後の顔画像

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました