【犯罪アイドル】JO1未成年飲酒騒動「本人が飲酒を認め反省しております」

スキャンダル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

JO1といえば、視聴者投票でメンバーを決めるサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」(GYAO/TBS系列)から2019年12月に誕生したばかりのボーイズグループ。2月1日、パシフィコ横浜で行われたファンミーティングには4400人が駆け付けた。2月から「Y!mobileワイモバ学割」のCMにも抜擢され、3月にはCDデビューが決まっている。

「韓国の音楽チャンネルで始まった『PRODUCE 101』シリーズは、これまで『IZ*ONE(アイズワン)』や『X1(エックスワン)』といった日本でも人気のアイドルグループを輩出している。JO1はデビュー前から若者を中心に大きな注目を集めている」(スポーツ新聞記者)

金城はオーディションを11人中10位で通過。大阪府出身で、名前は「碧海=スカイ」というキラキラネーム。プロフィールに特技は「お母さんモノマネ」と書いてしまう天然キャラだ。

「オーディション初期の練習生時代はFクラス(下のクラス)から這い上がり、15万以上の票を獲得してデビューが決まったシンデレラボーイ。ファン投票が行われた期間中には、必死に自分をアピールして投票を訴えており、『かわいいし努力してるから』という同情票で合格。それだけに写真はショックでした」(金城ファン)

写真は桜の木の下で友人と数人と共に写った集合写真。金城の手にはチューハイカクテル「ほろよい」の缶が持たれている。18歳以前に撮られた写真だという。

SNSに流出した当初から「 文春くん公式 」ツイッターDMには複数のファンから真相究明を求める声が寄せられていた。

所属事務所である「LAPONE ENTERTAINMENT(吉本興業と韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる合弁会社)」はメールでこう回答した。

「本人に確認したところ、飲酒は事実です。JO1として活動する前の出来事でしたが、アーティストとしての社会的責任を自覚して、コンプライアンスを守って活動していかなければならない旨を注意し、本人も反省しております。弊社はメンバーとの契約に際し、法令遵守やコンプライアンスについての指導確認を行っております」

2月8日(土)21時より放送の 「直撃!週刊文春ライブ」 では、取材担当記者が未成年飲酒騒動の舞台裏を解説する。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました