15歳の高1男子が拳銃自殺が衝撃!一体なぜ?入手経路は?不登校?

トレンド
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月8日午前8時頃、東京都八王子市の住宅に住む男子高校生(15)が拳銃自殺を図り、死亡したとの衝撃的なニュースが話題を呼んでいます。

男子高校生は、頭から血を流し、部屋で倒れているところを「パァン」という銃声を聞いた母親に発見されたそうです。

部屋には回転式拳銃が落ちていたということで、警察は自殺との見方のようです。

コロナ自粛期間も明け、人身事故や自殺者も増えている中、15歳の男子高校生が拳銃を用いて自殺というのは、センセーショナルな事件として衝撃が広がっています。

男子高校生は一体なぜ拳銃で自殺を遂げてしまったのか、そして15歳の高校生が一体どこから拳銃を入手したのでしょうか。

自殺の理由や拳銃の入手経路、世間の反応などをまとめていきます。

スポンサーリンク

15歳の高1男子が拳銃自殺!事件の詳細


8日午前8時ごろ、東京 八王子市元八王子町の住宅の2階で、この家に住む高校1年生の15歳の少年が、頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

少年のそばには回転式拳銃のようなものが1丁、落ちていたということで、警視庁は自殺を図ったとみて調べています。

その後の調べで、現場からは拳銃を撃った際にみられる、硝煙の反応が確認されたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

また、遺体の状況から、殺傷能力が非常に高いもので頭を撃ったとみられるということです。

警視庁は少年が拳銃で自殺を図ったとみて、鑑定を進めるとともに、携帯電話の通信記録を解析し、入手経路などを調べています。

出典

ニュースなどの情報によりますと、少年は6月8日月曜日の午前8時頃に、東京八王子にある自宅の少年の部屋で頭から血を流して倒れているのを母親が見つけ、警察に通報したということです。
その後、警視庁の捜査で、殺傷能力の高い弾を込めた回転式拳銃で自ら頭を撃ち自殺を図ったということが発表されました。
少年は即死と見られ、午前10時半頃に、搬送先の病院で死亡が確認されたそうです。

自殺の理由は?不登校?

少年の部屋から遺書などは発見されておらず、なぜ息子が自殺をしてしまったのか、ご両親などの話もまだ報道されていない為、現在のところ理由に至っては分かっていません。
一般的な高校生の自殺といえば、イジメや健康問題、虐待といった理由が挙げられますが、拳銃で自殺という手法を取っているので、もっと複雑で深い理由がありそうです。

追記:夕方に入ってきたニュースによると、少年は5月下旬から腹痛に悩まされ、病院に通院しながら通学をすると母親が学校へ連絡をしており、6月1日に一度通学してから、その後は学校を休んでいたそうです。

そして、少年は中学3年の頃は不登校だったとのことです。

先月下旬になって、少年が激しい腹痛を訴えるようになり、母親からは通院しながらの通学になると連絡があったということです。

そして、今月1日から授業が再開され、この日は少年も登校して授業を受けましたが、それ以降は母親から休むという連絡があったということです。

8日は午前中に通院したあと、午後から登校する予定だったということです。

高校の校長は「中学3年生の時は不登校の状態だったと聞いていますが、高校に入って頑張ろうという気持ちでいっぱいだったと思うので、このようなことになりとても残念に思っています。新型コロナウイルスによる休校がなければ、将来どのように生きていきたいかなど、学校で語り合うことができていたと思います。今回のことは衝撃ですし、本当に残念でなりません」と話していました。

近くの住民は…

以前、少年が住んでいた家の近くに住む40代の女性は「小学生の時は家に友達が頻繁にきていて、中学校では友達が迎えに来ている様子をよく見かけましたが、呼んでもすぐには出てこない感じでした。いま思うと、あまり学校に行きたくなかったのかなと思います」と話していました。

同じく近所に住んでいる女性は「高校生が自殺したというニュースを見て『もしや』と思いました。息子さんは引きこもりがちで中学校には行けなくなって、母親は『中学校に馴染めていないが何とか卒業してほしい』と悩んでいる様子もありました」と話していました。

出典

腹痛と不登校の過去…。

小学校時代は活発で友達も多かったということですが、中学ではあまり馴染めなかったのでしょうか?中3から不登校ということはイジメの可能性もありそうですね。

そして、腹痛は自殺とは関係ないように思えますが、健康問題などで元々体が弱く、それが精神影響を及ぼしていた可能性もありそうです。

腹痛が何らかの鍵を握っている可能性はありますね。

いずれにせよ、友達が呼んでも中々出てこなかったということは、学校に行くのがストレスだったということは間違いなさそうです。

死ぬくらいなら無理して学校へ行ってほしくはなかったとは思いますが、強制的に行かせるような親もいますし、思春期だと中々悩みを親に打ち明けることも難しいですよね。

真相解明を待ちたいと思います。

15歳がどうやって?拳銃の入手方法や入手経路は?

この事件のもっとも重要な点で、多くの関心が寄せられているのが拳銃の入手方法や入手経路についてです。

勿論日本は銃刀法という法律により、銃の所持が基本的には認められていません。

しかし特例として、一般人が銃を所持することは可能で、それには、各都道府県の公安委員会の許可を受ける必要があります。

それでも所持できる銃には制限があり、散弾銃、 ライフル銃、空気銃の3種類です。

この少年が持っていたのは回転式拳銃なので、これには該当しません。

日本で回転式拳銃といえば、警察やヤクザなどが持っている印象が強いですが、基本的には入手出来ませんよね。

ましてや15歳の不登校チックな男子高校生が一体どこから回転式拳銃を入手したのでしょうか?

考えられる点として、

・パーツから自分で作った

・3Dプリンターで作った

・誰かから入手した

みんなのコメントを見る限り、入手方法としては、主にこの3点が挙げられています。

まず、パーツを入手し組み立てたという説はもっともないと思われます。

その理由は、そもそも違法な日本でパーツを全て入手することは非常に難しいですし、組み立て方などはネットを調べれば載っていないこともないのですが、15歳の高校生には難易度が高いと思います。

そして3Dプリンター説ですが、これは作れる可能性は高いと思います。

以前このような事件がありました。

愛知県警は3Dプリンタ銃所持の容疑で日本人二人目となる少年を逮捕

愛知県警は7日、有機過酸化物の一種で高性能爆薬として使用される「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして、名古屋市在住の大学1年(19才)の少年が逮捕された事件で、3Dプリンタで製造された銃を所持していたとして、銃刀法違反(所持)の疑いでこの少年を再逮捕した。

愛知県警は、拳銃製造に使用されたと思われるFFF方式タイプ3Dプリンタ(XYZ Printing ダ・ビンチ)を少年宅から押収。少年が所持していたとされる拳銃は鑑定の結果、殺傷能力があり、銃刀法違反に当たると判断された。

出典

同じく未成年の19歳の少年が、3Dプリンターで実際に拳銃などを製作していたという事件です。

この時のニュースを取り上げた番組に出演した専門家によれば、3Dプリンターで拳銃を作ることは非常に簡単だと発言していました。

少し勉強し、知識をつければ作れる可能性はありますね。

そしてもっとも可能性があるのは誰かから入手したという説ですね。

親が回転式拳銃を持っていただったり、ネットやSNS、裏サイトなどで回転式拳銃を売ってくれる人から購入したり、闇の人脈があったということだったり、色々と考えられますが、この説がもっとも有力ですね。

入手経路に関しては警視庁の今後の捜査によってすぐに判明するとは思いますが、色々と闇が深いですね。

スポンサーリンク

15歳の高1男子が拳銃自殺に世間は衝撃!みんなの反応

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました