手越祐也が明日会見!YouTuberデビューはいつ?ヒカルとのコラボ動画がリーク?

芸能
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年6月19日にNEWSのメンバー手越祐也さんが、ジャニーズ事務所との契約を解除されたことが分かりました。

そして6月23日20時から都内で会見を開くということも分かりました。

退所後は実業家やYouTuberへの転身が囁かれていますが、YouTube界進出には、以前から親しい仲である大物YouTuberのヒカルさんの助けを借りるようです。

会見では一体何を語るのでしょうか。

そして手越祐也さんのYouTuberデビューはいつになるのでしょうか!?

こんな中、手越祐也さんがYouTubeチャンネルを開設して、YouTubeデビューするのではないかという噂が出ています。

今回は手越祐也さんのYouTuberデビューがいつになるのか情報を集めました。

スポンサーリンク

手越祐也のYouTuberデビューはいつ!?

 

2020年6月19日にジャニーズとの契約解除をされた手越祐也さんですが、同時にTwitterアカウントを開設されています。

今後の手越祐也さんの活動については、ご自身のTwitterアカウントから情報が発信されるようです。

こちらの投稿には、報道関係者あてに画像資料が添付されています。

この資料には事務所を退所したことに関しては、

この件に関しましては、週明けに私の口から直接メディアの皆様にお伝えする場を設けさせていただく予定です。その詳細につきましては、改めてご案内させていただきますので、準備が整いますまで暫しお待ち頂くようお願い致します。

と書いてあります。

その後、手越さんは23日の20時から記者会見を行い、YouTubeでも配信をすると発表しています。

スポンサーリンク

手越の親友で大物YouTuberヒカルが裏に?ヒカルとのコラボ動画がリーク?

 

2020年6月19日に大人気YouTuberのヒカルさんが、手越祐也さんの開設したばかりのTwitterアカウントをリツイートしていました。

どうやらヒカルさんに、手越祐也さんが自身のTwitter投稿を拡散してほしいとお願いしたそうです。

YouTuberのヒカルさんにお願いしたことからも、手越祐也さんのYouTubeデビューは確実でしょう。

ヒカルさんは『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんとのコラボもされています。

芸能人とヒカルとのパイプは出来上がっているでしょうし、手越さんも拡散を依頼しやすかったのだと思います。

そもそも、このヒカルさんのリツイート自体がコラボ企画の1つになっているのかもしれませんね。

そして、そのまま手越祐也さんのYouTubeの初のコラボ相手として、ヒカルさんが登場するのではないかと予想します。

ヒカルさんは女性の視聴者獲得も狙っていらっしゃるので、女性ファンが多い手越祐也さんとのコラボは、ヒカルさんにとってもメリットがあるのではないでしょうか。

そしてこのような情報もあります。

何かの手違いで手越さんのYouTubeにヒカルさんとのコラボ動画があがっていたみたいです。

手越祐也のYoutuberデビューに関する世間の声

 

 

ヒカルとのコラボや関わりについてマイナスな意見で溢れていました。

ヒカルは過去に金髪起業家として怪しい情報商材を売っていたり、女性ファンを食い物にしたり、ラファエルらとのインサイダーまがいのバリュー騒動もあり、その口の上手さから本人も詐欺師ということをネタにしていますし、あまり良い印象がないのでしょうか。

手越祐也もヒカルと同じタイプにしか見えませんがね…。

しかし、ヒカルの実力、手越祐也の実力は本物ですし、2人とも歯に衣着せぬというか、ああいえば上祐的なタイプで、口が上手く、コミュ力もあり、話してみればイチコロというか、実力で黙らせるタイプだと思います。

批判もファンも多い2人ですが、先見性やカリスマ性のある2人なら、どんな炎上も乗り越えていくと思います。

手越祐也のYouTuberデビューはいつ!?手越の親友で大物ヒカルが裏に?まとめ

手越さんはTwitter開設後わずか2日で80万フォロワーを突破しました。

フォロワーが欲しいならまずは有名になれといわんばかりの実力ですね。

前澤さんみたいに金で増やす人や知名度で増やす人など、フォロワーの増やし方は様々ですが、手越さんは別格といったところでしょうか。

YouTubeチャンネルもすぐに300万人はいきそうですね。

また、手越さんは相当な負けず嫌いで、どんなことでもトップでなければ気が済まないため、仕事に対する情熱も半端ないと言われています。

おれが世界一だ!金が全てだ!というタイプの人間を嫌う人は多いかもしれませんが、個人の裁量が大きい仕事やビジネスにおいて、そのような気持ちは寧ろ大事なのかもしれませんね。

但し、凡人はただ嫌われて終わりなので、やめた方が良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました