【アフィリエイト稼ぐ方法】ブログで1万PV連発の僕がトレンド系記事を書く際のコツをご紹介!ヒントはリライトにあり

未分類
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。

Travel Blog管理人のTravelです。

まず初めに、この記事は”今くすぶっているけどなんとかブログで稼ぎたい”という人だけ見てください。

趣味でやってる方やお金の為にプライドを捨てられない方などはそっと閉じてもらって構いません。

この記事では、ブログで1万PVを連発し、YouTubeも含め、アフィリエイト収益が100万円を到達した筆者が、今回はブログに重きを置き、何故1万PVを連発し、100万円を超える収益を叩き出せているのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

はじめに。

しかし、そう簡単に1万PVなどいかないだろ!と伸び悩んでやめてしまう方が大半だと思います。

実際、100記事を超えるまではどれだけSEOやキーワードを試行錯誤しても、数千pvが限界で、筆者もやる気が削がれ、毎日投稿すると決めたものの、1週間以上投稿しない日もありました。

一般的にはブログが伸びてきたらAdSenseだけでは稼げないので、閲覧者を取り込んで、記事と関連性の高いASPのアフィリエイト広告を貼ったり、カエレバでもしも経由の商品広告などを貼ったり、色んな試行錯誤を重ねて稼げるようになれば、その経験を元にメールマガジンやオンラインサロン、情報商材に繋げるという手法が有名ですが、まず伸びる記事を書かなければ意味がありませんよね。

今回は色んな試行錯誤を重ねて現在1万pvを連発している筆者のこれまでの道程から無償でアドバイスします。

少しでも伸び悩んでいる方のお力になれればと思います。

どんな記事が一番伸びる?

筆者はこれまで、美容系、ガジェット系、トレンド系、グロ系、鉄道系、漫画のネタバレ系など、多種多様な記事を書いてきました。

これらの経験上、一番伸びるのはトレンド系のニュース記事と漫画のネタバレ系の記事です。

トレンド系であれば、話題性が熱い記事で、熱が覚める前にすぐ投稿し、題名は少々過激で釣りタイトルでSNSに拡散すればすぐに1万PVはいきます。

最近でいえば渡部不倫の記事や、三浦春馬さんの記事などは1万PVいきました。

漫画のネタバレ記事であれば、筆者の経験上ワンピースが一番伸びます。

こちらは釣りタイトルではなく、よく検索されているキーワードをキーワードアプリやキーワードプランナーなどできちんと調べたうえで書くことが重要です。

中身も他のネタバレサイトで投稿されている記事を引用したり、情報をまとめたりして、自分なりにリライトするだけで大丈夫です。

勿論漫画系が詳しいのであれば自分で書くに越したことはありませんが、苦手な人はリライトでも十分です。

筆者の経験上、自分で書こうがリライトだろうが、PV数はあまり変わりません。

あと1万PVを連発するうえで、一番大事なのは、月曜発売のジャンプのネタバレであれば、金曜の夕方頃にアップするというのがカギです。

一番伸びます。

これはYouTubeでも一緒です。

YouTubeで初月に100万円を達成した筆者ですが、金曜日の夕方、土曜の夕方、日曜の夕方が一番伸びました。

トレンド系、漫画ネタバレ系の記事ならブログ記事であれば、金曜日の夕方が一番伸びます!断言します!

100記事いけば伸びる?

よく100記事いけば伸びるとか稼げるようになるとか甘い言葉がありますが、結論、あまり変わりません!

やみくもにただ100記事書いただけでは何も変わりません。

しかし、筆者は100記事到達した後にGoogleから常時SSL化を推奨され、HTTPSに移行し、URLの左に鍵マークをつけたのですが、そうしたら記事が伸びる初速が明らかに激変しました!

Twitterに拡散しなくても、すぐに初速で数百PVはいくようになりました。

「100記事いけば伸びる!」よく聞く言葉なので、意味があるとは思うのですが、100記事到達のタイミングでSSL化をすることで伸びが変わってくるということなのでしょうか?

僕はそう感じました。

タイトル付けの極意!キーワード(Google検索)vs釣りタイトル(SNS)

筆者はYouTubeで動画投稿をしていた経験もあり、よく釣りのようなタイトルで50万再生くらいを連発していました。

1番再生されている動画で300万再生ほどです。

こちらが初めた初月の収益です。

YouTubeでは、キーワードなど全く気にせず(タグ(ブログでいうSEO)は物凄く付けていました)、題名を盛ったいわゆる釣りタイトルで視聴者を取り込んでました。

ただお金を稼ぐことが目的だったので、再生数を稼げればそれでいいと思っていました。

その経験がブログでも生きたのです。

YouTubeもGoogleなのでブログと同じです。

とは言っても、ブログではキーワードが大事ですよね。

筆者はキーワード重視の記事と、釣りタイトル、またはその両方で使い分けています。

キーワードと釣りタイトルを駆使して完璧なタイトルを付けれる時はそれが一番良いですが、使い分けることがPV数を伸ばすカギです。

キーワード(Google検索)重視の記事

僕は漫画のネタバレ記事や徐々に伸びていくタイプの記事では、キーワードを重視しています。

それは何故か、まず漫画のネタバレの場合、SNSなどから流入してくる人よりもGoogleの検索エンジンから来る人が多いからです。

自ら調べてやってくる人が多いので、釣りタイトルでSNSで釣ったところで、そこまで閲覧者を、取り込めるわけではありません。

それよりもGoogleで調べた時になるべく上位にいる方が圧倒的にPV数が稼げます。

それは徐々に伸びていくような記事も同じといえます。

キーワードを付けるコツとしては、関連性のある一番検索されているキーワードを3つほど調べてタイトルに入れることです。

✕ダメな例

これでは検索しても引っかかる要素がありません。

〇良い例

きちんと一番大事なキーワードから順に左詰めで入っており、検索欄に乗りやすいタイトルといえます。

釣りタイトル(SNS)重視の記事

では釣りタイトルを重視した方が伸びる記事はどんな記事か?

それは話題性が高く、どんな人が目にしても気になってつい押してしまうようなネタです。

漫画のネタバレ記事とは逆で、わざわざ検索しなくても、そこにあったらつい見ちゃうような記事は釣りタイトルの効果を遺憾無く発揮します。

例として最近書いた記事でいえば、

渡部さん不倫の記事です。

勿論原型は一応キーワードを用いたタイトルにしていますが、あからさまに釣っていますよね。

きちんと記事内では確定的に書かずに、デマみたいですと書いておけば問題ありません。

それよりも伸びればこっちの勝ちです。

トレンド系の記事の場合は、キーワード重視で書いても、レッドオーシャンで記事が乱立している為、滅多に検索上位に来ることはありません。

漫画のネタバレ記事では何回もありますが、トレンド系ニュース記事では滅多にありません。

釣りタイトルでタグ付きでSNSで拡散した方がPV数は断然稼げます。

それがお金にも繋がります。

SEOが一番大事!SEOの極意

ブログのPV数を伸ばすうえで、1番大切なのがSEO対策です。

これが疎かになっていたら、どんなに良い記事を書いたとしても、全く伸びません。

僕もブログ初心者だった頃、全く知識もありませんでしたが、メンターや色々な本を読み、学びました。

中でもこの本が非常に参考になりました。

 

この本と出会えていなかったら、もっと苦戦していたと思います。

一度読むことを推奨します。

世界が変わります!

ということで、本題のSEOのコツですが、キーワード設計をする際は、自分の憶測は全て捨てて情報を得ることが大切です。

どこで情報を得るかというと

・キーワードプランナー

・検索順位ツール

・Google検索エンジンの検索候補

僕はこの3つを利用しています。

話題性のあるネタであれば、よく検索されているキーワードや関連キーワードがいっぱい見つかります。

その全てをメモに書き、SEOキーワードの欄に貼り付ければ間違いなく伸びます。

また、全く関連性のない別のキーワードは伸びているからといって、乱用しない方が良いです。

記事内や題名、見出しにないキーワードの場合、クローラーがキーワードと記事との関連性がなく、価値のない記事だと判断して伸びないことがあります。

気をつけましょう。

記事書くのが苦手!?それならリライトをするべし

筆者は時間がない時などによくリライトします。

悪く言えば記事をパクるということです。

良く言えば記事を参考にするということです。

パくったらペナルティとかないの?と心配しているあなた、大丈夫です。

ググればいっぱい出てきますが、パクリ記事でもGoogleからのペナルティなど何もありません。

YouTubeでも同じです。

YouTubeって似たような動画が結構溢れていませんか?

さすがにオリジナル動画をそのまま録画して投稿するのはアウトですが、記事をリライトするということは、飽くまで他人の動画を真似るというのと同じことです。

昔メントスコーラが流行りましたが、あれも元ネタはみんなパクっているんです。

しかし、同じメントスコーラでも人それぞれ全く違う動画になっていますよね。

リライトも同じです。

誰かが書いた文章や情報を、自分なりに自分の味を出して、自分のオリジナリティで書き換えるだけであなたの作品になるのです。

簡単に時短で稼ぎたいというだけなら、絶対リライトがおすすめです!

リライトの手法としては、トレンド系の記事であれば、まず書くと決めた流行りのネタのニュース記事を何個か見て詳細を把握してください。

そして、そのネタをまとめた記事やブログ記事などもいくつか見てください。

そのうえで、ブログ記事に書かれているみんなが知りたい情報であるいくつかの文章をメモにコピペします。

メモにまとめたら、文章をリライトします。

実は、ここで最初にいくつかのニュース記事やブログ記事を読んだということが生きてきます。

この時点でそのネタに関してかなり詳しくなっているので、自分なりの視点なども取り入れることで、リライトがスラスラと出来るんです!

気付いたら内容は同じでも、全く違う自分なりの文章に変わっています!

慣れれば独自の内容なども追加することで、元の記事よりもパワーアップなんてことも出来ます!

読者はそれに気付きません。

読者からしたらパクってるかパクってないかなどはどうでもいいんです。

知りたい情報を見たいだけなので、それを提供すればお金が入ってきます。

ただそれだけです。

筆者が記事を投稿するまでの流れ まとめ

筆者が記事を書く際の流れをまとめますと、

①ニュースサイトやSNSなどで話題性のあるニュースを探す

②書く話題が決まったら色んな人の同じ話題のブログ記事を見て情報をメモにまとめる(コピペでOK)

③題名を考える(流行りの話題なら釣り、それ以外はキーワード重視)

④適当に「○月○日○○さんが○○したという衝撃的なニュースが入ってきました~」というリード文を書く

⑤ニュースの内容をツイートやニュース記事から引用

⑥他の記事から持ってきた情報をコピペ

⑦自分なりにリライト(元の記事よりパワーアップしてる感じで書く)

⑧みんなの反応をTwitterから埋め込む

⑨まとめを書く(簡単なまとめと自分の感想でよし)

⑩文字数は1500文字以上になっていれば完了

⑪記事内とアイキャッチ画像合わせて3枚くらいは画像を貼った方がいいのでインパクトのある画像などを引用リンクと合わせて拾ってきて貼る

⑫関連性のあるパーマリンクやカテゴリをにする

⑬ASPの広告を貼る

⑭SEOタイトル、メタディスクリプション、メタキーワード(ここが一番大事!みんなが検索しているキーワードをアプリやGoogle検索エンジンの自動変換を用いてよく検索されてる全てのワードを入力しよう!)

⑮投稿

⑯Google Search Consoleでインデックス登録⑰Twitterにタグ付きで投稿(定期的に投稿)

⑱noteにも投稿(ASP広告を貼る)

慣れてくればここまで1時間で出来ます。

筆者は3つのブログサイトを運営していますが、これらの手法で毎日3記事くらいあげることが出来れば、月間PV数10万~30万くらいはすぐに数ヶ月でいきます。

30万PVでもAdSense収益だけではたった3万円ほどですが、関連性の高いASPの広告を貼ることで、筆者の経験上1万PVで5人~10人以上は成約してくれるので5人だとしても30万PVなら150人です。

僕が貼っていたASP広告は1成約につき2000円ほどだったので、単純計算2000円×150人=30万円です。

それに加えて楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトの収益も1万PVで5000円ほどありました。

30万PVなら15万円です。

このようにきちんとした収益システムを構築するだけで、月50万円くらいは稼ぐことは可能です。

稼げていない方は単純に情報弱者かやる気がないだけと思った方がいいです。

文章が書けない、PVが伸びない、これは単なる言い訳です!これだけでやめるのは勿体ない!

情報さえあれば稼ぐのは簡単です。

1ヶ月100万円を突破した筆者が言うのですから間違いないです。

僕はコンサル活動はしていませんが、僕が参考にした本をご紹介しておきますね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました