【裏垢が衝撃】芦名星自殺の真の理由は洗脳と借金!?三浦春馬自殺で自分も「死にたい」

芦名星
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月14日、女優の芦名星さんが東京都新宿区の自宅マンションのクローゼットで、首を吊って自殺していたニュース。

大麻で捕まった伊勢谷友介さんと関係しているという説や、三浦春馬さんの自殺が影響しているといった説など、様々な憶測が囁かれていますが、真相はどうなのだろうか?

そんな中、16日になって度が過ぎるほど尽くす恋愛体質だったことや、自殺願望があったこと、お酒の量が増えて自暴自棄のだった様子などが分かってきています。

今回はその真相に迫ってみました。

スポンサーリンク

芦名星自殺のポイント①彼氏に洗脳されDVや借金の肩代わり疑惑

芦名星さんが病んでいたといった情報はかなりありますが、これといったトラブルなどはなかったとの証言があります。

そんな中、芦名星さんが唯一危うかったこととして芦名星さんの関係者は異性関係について指摘しています。

のめり込んでしまうタイプで、かなりの恋愛体質だったことが分かっています。

唯一〝危うかった〟のは異性関係だ。外見からはクールなイメージの芦名さんだったが、恋愛については意外な一面を見せていた。芸能プロ関係者が明かす。

「20代前半のころから結婚願望を明かしていて、『30歳までには結婚したい』と話していたこともある。料理が得意で家事は何でもこなす。クールビューティーとして知られてましたが、中身は恋愛体質で尽くすタイプ。恋人に靴下をはかせてあげることさえいとわないほどだったとか」(芸能プロ関係者)

 2007年11月放送の「グータンヌーボ」(フジテレビ系)では、DV癖のある恋人に尽くしていたことを告白。かなり激しかったようで「殴るなら顔以外にして!」と懇願する衝撃エピソードも明かしている。

 その恋人の借金まで肩代わりしたほどで「(恋人に)洗脳されてますもん、その人に。徐々に、徐々に」と意外な恋愛体質ぶりで、視聴者を驚かせていた。

「食べるものも、自分よりも恋人が食べたいものに合わせるようで、高カロリーなラーメンなども気にせず食べたりする女性でした」と前出の芸能プロ関係者は言う。

出典

芦名星自殺のポイント②三浦春馬さん自殺で「死にたい」発言と裏垢で天国の春馬へ会いたい

芦名星さんは三浦春馬さんが命を絶った7月に友人に死にたいと漏らしていたとのこと。

芦名さんの友人は「7月ごろから“死にたい”と口にするようになった」と明らかにした。

友人によれば、三浦春馬さん(享年30)の悲報を知ったタイミングでもあった。「みんなが心配して気にかけていたが、最近はそうした言動もなくなっていて、もう大丈夫だと思っていた。その直後に訃報を聞いて、信じられなかった」と話した。

悩みを打ち明けることはなかったという。「継続した悩みがあったところに、最近また別の何かがあったんだろうと思う。普段は明るくて、こちらが元気づけられるぐらい。周囲に心配をかけたくなかったのかな」と肩を落とした。

出典

また、Instagramの裏垢も発見されており、そこには天国の三浦春馬さんへとみられる発言や最後の投稿では、バルスといった破壊、破滅といった投稿もあったようです。

アカウントの特定を試みましたが、週刊女性に記載されているアカウント画像にはモザイクがかけられており、本人の名前ではなく、友人限定での公開のようで現時点で特定は出来ておりません。

芦名星自殺のポイント③今年2月から酒を浴びるように飲んでいて自暴自棄だった

芦名星さんは元々お酒を楽しむタイプだったというが、今年2月頃からあおるように飲んでいたとの知人の証言もあります。

私生活でも変化が見られていた。

2月ごろに食事をした別の知人は「お酒の飲み方が変わり、あおるように飲んでいた。どこかやさぐれている感じもした」と明かした。

お酒は好きで、最近も「日本酒を勉強中」と語っていた。

作品の打ち上げでは、場を明るく盛り上げながらお酒を楽しむタイプ。

それだけに知人は「何かあったのかなとは思ったが…。変化に気づいていながら、助けてあげられなかった」と無念さをにじませた。

出典

芦名星さん自殺に対するネット上の反応

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました